自転車保険って必要?

パンク修理には携帯ポンプ

パンクに欠かせない携帯空気入れ

さてパンク修理の方法も一通り理解しました。
今度は、パンク修理に欠かせない携帯空気入れについて説明していきます。
携帯空気入れには4種類の空気入れがあります。

・ミニタイプ
ミニポンプは非常に軽く、持っていることさえ忘れそうなのですが、このミニポンプは50KM以上のライドには適していません。
なぜかというと、軽さゆえに非常にポンピングがしづらいからです。

120psiを入れるのに200回もポンピングをしなければならず、少し空気を足す程度のポンピング以上には使用できないでしょう。
つまり、ミニポンプは短距離ライドで、そこまで空気圧が減らないと見込まれる場合が適しています。

・バルブ本体直付タイプ
バルブと本体を直結で差し込んで空気を入れていく空気入れです。このタイプもポンピングが非常にしづらく、ホイールに手が当たってしまうという意見が多く聞かれます。ですが、慣れている人の中にはこちらの方が使いやすいという声もあります。

・フロア型
フロア型が最もベーシックで一番空気が入れやすい携帯ポンプです。体重をかけながらポンピングできるので、きっちりエアが入り適正圧までなんなく空気を入れることができます。
また、ゲージ付のエアポンプを選ぶことで適正圧が一目で分かりますし、ホースがついているためホイールに手をぶつけるというようなトラブルも起こりません。

要するに、自宅で使う空気入れの携帯版ということです。それでしたら使い慣れているし長距離ライドでも使用に問題ありません。

・Co2ボンベ
Co2が入ったボンベを専用のバルブキットにいれて、タイヤのバルブに押し込むと一瞬で空気が入るという優れものです。
しかし、一回の使い切りですので、お金がかかるのと、失敗した場合などに備えての予備でかさばるのが問題です。
ですが、あると便利なのは間違いありません。

/まとめ/
これらのように携帯空気入れには一長一短がありますが、総合して考えてみるとやはり一番はフロア型の携帯ポンプが一番使い勝手がよくお勧めです。

© Copyright 自転車乗りのマナー、保険加入. All rights reserved.