自転車保険って必要?

サイクリング中のパンク対応

さっそく修理道具をそろえてみる

長距離ライドする場合、パンク対応は必須ということが分かったのでさっそくパンクについて学んでみました。
パンクといえばパッチ処理を思い出しますが、パッチ処理は空気の抜けている穴を探さなければいけないので、意外と面倒です。ですからロードバイクのパンク処理はチューブごと変えてしまったほうが早いと教わりました。

必要な道具は、予備チューブ、携帯空気入れ、タイヤレバー、必要であればバルブです。
これらの道具は、そんなに荷物になるものでもないので、小さなポーチ一つにおさまります。自転車屋さんで売られているツールボックスに入れれば、ボトルケージに入れていつでも持ち運ぶことができます。

/具体的にパンク処理の方法/

1.パンクしたタイヤの空気を抜く
バルブの先端を緩め、タイヤの空気を抜いていきます。
そして、バルブの根元についているナットを外しタイヤとリムの間に隙間をつくっていきます。

2.タイヤレバーを差し込む
タイヤとリムの間に作った隙間にタイヤレバーを差し込みます。このとき中のチューブを傷つけないように要注意です。
レバーがタイヤとリムの中に入ったらレバーの反対側をスポークにひっかけます。

3.2本目のタイヤレバーを差し込む
同じように2本目のタイヤレバーを15cmほどの間隔をあけて引っかけます。

4.ビードを外す
タイヤレバーを動かし、ビードをはずします。

5.チューブを抜き取る
片側のビードがすべて外れたら、中のチューブを痛めないように、慎重に引っ張り出します。

6.バルブを抜く
最後にバルブ部分を注意して外します。

7.新しいチューブを用意する
新しいチューブにはあらかじめ空気を少し入れておきます。この時チューブの空気はチューブが丸く形つく程度までで止めときます。

8.バルブを差し込む
新しいチューブはバルブ部分からタイヤに入れていきます。傷つけないように慎重に作業します。

9.チューブを入れる
タイヤにチューブを入れていきます。

10.ビードをはめる
ビードをはめていきますが、最後の数十センチは入りにくいので、なじませるようにできるだけ手ではめていくようにしましょう。

11.噛みこみチェック
ビードが完全に入ったら、タイヤとリムの間をのぞいてチューブが噛みこんでいないかをチェックします。

12.空気を入れる
チューブの確認をして空気を少しだけいれます。

13.ゆがみチェック
タイヤとホイールのゆがみをチェックして問題なければの適正値まで空気を入れていきます。
これでパンク修理は完了です。

慣れるまでは時間がかかってしまうかもしれませんが、自分でチューブ交換できるようにしておくのが、自転車乗り、特に長距離ライドする際のマナーです。

© Copyright 自転車乗りのマナー、保険加入. All rights reserved.